上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Unity】Animationを使って簡易的な動きを作る方法

はい、どうもcotatuです。
unity

最近、ネットニュースですら無い記事や、二年前に発売された音楽プレイヤーの記事をかいたりしてる人です。
迷走気味で私事の記事が増えてる気がしたので
今日は久しぶりにUnityの記事でも書こうかなと思います。
一応、ゲーム開発がメインだから…(震え声)





今回は、題して「Animationを使って簡易的な動きを作る方法」

と言うわけでUnityAnimation機能を使っていきたいと思います。


例として、「動く足場を作る」という目的でアニメーションをつくっていきます。

①CubeをHierarchyに追加します。

cube作る

②Cubeを選択したまま、上部のwindowという項目にカーソルを合わせます。
  するとゴチャゴチャ下に出ますので、Animationをクリックします。
 

cube選択

③このようなアニメーションウィンドウが出ますので、Add Curveをクリックします。


add curve

④動く足場を作るのでPositionをクリックします。
  ここで、位置、回転、拡大縮小はもちろんコライダもいじれます。
  


動きの選択

⑤このように、ポイントを選択しながらCubeのInspecterの値を自由に変えます。

ポジション変える


オマケ:このFree Smoothを選択することで、動きがなめらかになります。

free smooth

後はAnimationファイルの設定をループにするだけですね。



如何でしたでしょうか?こんな感じで簡単にAnimationnを作ることができます。
スクリプトで動かすことも可能ですが、メンドクサイですよね(笑)
そんな時、このUnityの機能が役に立ちます。使えるものは何でも使わなきゃね。
他の例として「ドアの開け閉め」も簡単に作れます。
しかし、複雑な物は他のCGソフトを使うことをオススメします。



お手数ですがクリックお願いします!!↓



FC2Blog Ranking












関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。